プロフィール



ミル(♂)
誕生日:2006年5月6日
お迎日:2006年6月24日
出身地:パスバレー
毛色 :シルバーミット
趣味 :主人の手を狩る

+管理人+
ぴっこ
ミルを飼ってからこのブログ、ミルの話ばっかです(*゚ω゚)ゝ
やる気なしのおで。
たまには人生振り返ってみようかな・・・
続く限り、がんばります。
きっと・・・

いたちツアーズ


↓のメニューから、・・・
たくさんのイタチに会いに行けます!


>>イタチツアーズ@blog<<

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 » CATEGORY:スポンサー広告 » CO:- » TB:- 

COMMENT

NAME
SUBJECT
BLOG/HP
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXチェック ⇒ 
(SUBMIT:送信)

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://tomopya.blog68.fc2.com/tb.php/72-794e078a
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

25歳になってしまった

スレッド:ひとりごと // ジャンル:ライフ
25歳になってしまいました。
そう、あれです。四捨五入で・・・って言われる歳です。
いや、言わなくていいから m9っ`Д´)ノ”

友人が祝ってくれるというので昨日から友人宅に行ってました。
しかし誕生日ということを忘れて日にちが31日になってもふっつーにすごして、
朝起きたときに(朝ってか昼過ぎて起きたんだが)
「あ 誕生日やったなそういえばwwおめでとw」
という言葉で祝ってもらいました(ノ∀`)b
祝ってもらえないより全然嬉しいので、持つべきものは友です。

しかし、誕生日といっても何がかわるというものではない。
しわがひとつ増えるわけでもないし、白髪がでてくるわけでもない。英単語1個覚えるわけでもない。
当たり前だがペカーっと誕生日オーラが出るわけでもない。

もし、ゲームのキャラのように
「ぴゃっこは歳をとった。力が3あがった。知力が3あがった」
なんて誕生日に教えてくれたらどんだけ楽でしょうか。
何かしようとしても
「私、力30しかないからこれ無理」
「私、知力49だからこれしか覚えられない」
なんてことを言って責任なんかから逃れられそうです。
そして、努力とかをまったくしない人間になりそうです。

人間はゲームのキャラのようにどれだけなにが身についたか教えられることはない。ゲームのキャラのように何をどれだけしたらこれだけ身につけられるという決まったスキルの上げ方もない。一度覚えたことをずっと覚えているわけでもない。
生活の中で自分でやりたいことを見つけ、そのためにがんばって努力して身につけるしかない。そして忘れないようにまた努力をしなくてはいけない。
でも、そうすれば着実に自分のやったことのレベルは上がるだろうし、スキルの上がり方も1歳ごとに3とかじゃなく、自分次第で1歳で10でも20でも上げられる。
努力することが恥ずかしいとか人前でがんばってる姿を見せるのがかっこ悪いとか、努力することがめんどくさいとか。そんなこと言ってはいられない。

ゲームのキャラを時間を使ってレベル上げするのはなんでだろうと考えたとき、次のスキルを覚えたいからとか強くなりたいからとかだ。
これって人間だって一緒じゃなかろうかな。
人間だってがんばれば強くなれるしレベルを上げられる。むしろゲームのキャラでやるよりもっとおもしろい。ゲームのキャラのレベルを上げるのは、時間をかければ上がるレベルの上げ方は簡単だから。

ゲームだと現実にないスキルを覚えられるからおもろいって?
いや、現実だっておもろいスキルは知らないだけでいっぱいあるだろうし、まだまだ知らないことはたくさんある。

ゲームのキャラは途中でやめても、次動かしたときにはまた続きから育てることができる。でも人間は途中でやめてしまうとやめた瞬間から衰えていってしまうやっかいなもの。

努力することはかっこわるくない、恥ずかしいことでもない。努力している姿を見て笑うほうがかっこ悪い。
努力するってことはレベルを上げてるってこと。つまり強くなろうとしてるんよね。ゲームの中で強い人ってかっこ悪いかって言われたらそれはない。むしろ憧れとかのほうが強いんでなかろうか。そして自分も強くなってやると思うんじゃないかな。

人間のスキルを上げることは大変だ。でも、ゲームのキャラのように決められたスキルだけを決まった時に覚えるのではなく、自分で選んで自分だけのスキルを身につけられる可能性があるのが自分育成。飽きたから次のキャラとかそういうわけにはいかない。むしろやることがなくて飽きたなんて言葉、現実ではありえないことかも。やることって腐るほどあるんだよな。やることがないって現実で言うのはただ、やることを見つけてないかたんに面倒でやってないかだけな気がする。
それに、成長を実感できたときの喜びはゲームの比じゃないやね。
こんなに育て甲斐のあるキャラを育てないのはちょっともったいないんかもしれんよなぁ。

この自分育成をこの25年でどこまでできたか確かな数字では教えてもらえない。
人間はゲームと違って嫌でも「レベル=歳」は上がっていく。でも、スキルを必ず1レベルごとに覚えるかというと絶対違う。自分で覚えようとしない限り覚えることはない。レベル25なのにレベル10のスキル分しか育っていないかもしれない。こっちのほうが努力しないよりよっぽどかっこ悪い。

レベル25になった今日思う。
「やっぱかっこ悪いのはいやだなぁ・・・」



スポンサーサイト
 » CATEGORY:思うこと・・・ » CO:0 » TB:0 

COMMENT

NAME
SUBJECT
BLOG/HP
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXチェック ⇒ 
(SUBMIT:送信)

TRACKBACK

25歳になってしまった のトラックバックアドレス
http://tomopya.blog68.fc2.com/tb.php/72-794e078a
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。