プロフィール



ミル(♂)
誕生日:2006年5月6日
お迎日:2006年6月24日
出身地:パスバレー
毛色 :シルバーミット
趣味 :主人の手を狩る

+管理人+
ぴっこ
ミルを飼ってからこのブログ、ミルの話ばっかです(*゚ω゚)ゝ
やる気なしのおで。
たまには人生振り返ってみようかな・・・
続く限り、がんばります。
きっと・・・

いたちツアーズ


↓のメニューから、・・・
たくさんのイタチに会いに行けます!


>>イタチツアーズ@blog<<

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 » CATEGORY:スポンサー広告 » CO:- » TB:- 

世界がもし100人の村だったら

「世界がもし100人の村だったら3」というテレビを今日見てました。

ゴミ山の中使えるものを探して二人の弟と病気の母親を支える12歳の少女。
少女たちのご飯は3日に一度、お米だけ。
お米に水をかけて少しでも量を増やすごはん。

鉱山で出稼ぎし、父親と妹のために働く11歳の少年。
鉱山で働くことは死に近づくこと。
家族と会えるのが1ヶ月に1度。

少女の夢は学校に行くこと。
少年の夢はトラックの運転手。

少女は一家のためにもっともっと働くと言い、
少年は遊ぶことが嫌いとと言う。なぜなら今まで遊んだことがないから。

「このテレビを見る間、こんな人生あるのか」
って泣くだけでした。
10歳そこらの時の自分を思い出すと、何してたっけ?と・・・。
思い浮かぶのは、この子達に何もできないと考える自分と、
自分は恵まれていると考える自分。

この子達と自分の人生を比べてなんともいえない安堵感を感じているのかと・・・

この子達が日本の生活を見たらどう思うのだろう・・・
自分の生活を覗き見られてどう思っているのだろう・・・

いくらテレビでその現実を見せられても実感は絶対にできない世界。ドラマみたいに見てるだけ。
貧しい人がいる現実を見せて感動を呼ぶ語りで視聴率をとるテレビ。
このテレビで泣いた人間がどれだけこの子達のために動こうとするのか。
心を入れ替えて明日からの生活を変える人間がいるのか。

次の瞬間にはバラエティー番組で笑う現実。

これが悪いことはない。生まれた環境がこれ。
そこからわざわざあの子達と同じ環境にすることはないのはわかる。

あの子達は私たちに何かしてほしいと思ってるのか。

あの子達の心をみじんでも理解することはできないのです・・・

皆さんは、何を思いますか。


 » CATEGORY:思うこと・・・ » CO:0 » TB:0 

声なき動物たち

http://mbis0.tripod.com/


ネットサーフィンで見つけたサイトです。
どこのどなたが作成されたのかまったくわかりません。
ここのリンクページにも載せてます。

本当にこういったことが行われているかどうかは、
間接的にしか情報を得ることができない私たちでは判断しかねます。
でも、おそらく、事実が含まれていると思います。

このサイトを見て、「人間のためには必要なこと」と考える人もいると思います。
こういった現状をよく知らない、浅い知識しか持たない人間に
「ひどい」「最低」「ありえん」「絶対反対」
という言葉を言われても説得力はないのかもしれません。

でも、少しでもこういったサイトなり本なりを見て、
この行為を知ることが大切だと思うので
直視できないような写真が多数ありましたが、ここに載せることにしました。

流し読みで見るサイトではないと思います。
どうか、このサイトを見て、自分なりの意見を持ってください。


 » CATEGORY:思うこと・・・ » CO:0 » TB:0 

25歳になってしまった

スレッド:ひとりごと // ジャンル:ライフ
25歳になってしまいました。
そう、あれです。四捨五入で・・・って言われる歳です。
いや、言わなくていいから m9っ`Д´)ノ”

友人が祝ってくれるというので昨日から友人宅に行ってました。
しかし誕生日ということを忘れて日にちが31日になってもふっつーにすごして、
朝起きたときに(朝ってか昼過ぎて起きたんだが)
「あ 誕生日やったなそういえばwwおめでとw」
という言葉で祝ってもらいました(ノ∀`)b
祝ってもらえないより全然嬉しいので、持つべきものは友です。

しかし、誕生日といっても何がかわるというものではない。
しわがひとつ増えるわけでもないし、白髪がでてくるわけでもない。英単語1個覚えるわけでもない。
当たり前だがペカーっと誕生日オーラが出るわけでもない。

もし、ゲームのキャラのように
「ぴゃっこは歳をとった。力が3あがった。知力が3あがった」
なんて誕生日に教えてくれたらどんだけ楽でしょうか。
何かしようとしても
「私、力30しかないからこれ無理」
「私、知力49だからこれしか覚えられない」
なんてことを言って責任なんかから逃れられそうです。
そして、努力とかをまったくしない人間になりそうです。

人間はゲームのキャラのようにどれだけなにが身についたか教えられることはない。ゲームのキャラのように何をどれだけしたらこれだけ身につけられるという決まったスキルの上げ方もない。一度覚えたことをずっと覚えているわけでもない。
生活の中で自分でやりたいことを見つけ、そのためにがんばって努力して身につけるしかない。そして忘れないようにまた努力をしなくてはいけない。
でも、そうすれば着実に自分のやったことのレベルは上がるだろうし、スキルの上がり方も1歳ごとに3とかじゃなく、自分次第で1歳で10でも20でも上げられる。
努力することが恥ずかしいとか人前でがんばってる姿を見せるのがかっこ悪いとか、努力することがめんどくさいとか。そんなこと言ってはいられない。

ゲームのキャラを時間を使ってレベル上げするのはなんでだろうと考えたとき、次のスキルを覚えたいからとか強くなりたいからとかだ。
これって人間だって一緒じゃなかろうかな。
人間だってがんばれば強くなれるしレベルを上げられる。むしろゲームのキャラでやるよりもっとおもしろい。ゲームのキャラのレベルを上げるのは、時間をかければ上がるレベルの上げ方は簡単だから。

ゲームだと現実にないスキルを覚えられるからおもろいって?
いや、現実だっておもろいスキルは知らないだけでいっぱいあるだろうし、まだまだ知らないことはたくさんある。

ゲームのキャラは途中でやめても、次動かしたときにはまた続きから育てることができる。でも人間は途中でやめてしまうとやめた瞬間から衰えていってしまうやっかいなもの。

努力することはかっこわるくない、恥ずかしいことでもない。努力している姿を見て笑うほうがかっこ悪い。
努力するってことはレベルを上げてるってこと。つまり強くなろうとしてるんよね。ゲームの中で強い人ってかっこ悪いかって言われたらそれはない。むしろ憧れとかのほうが強いんでなかろうか。そして自分も強くなってやると思うんじゃないかな。

人間のスキルを上げることは大変だ。でも、ゲームのキャラのように決められたスキルだけを決まった時に覚えるのではなく、自分で選んで自分だけのスキルを身につけられる可能性があるのが自分育成。飽きたから次のキャラとかそういうわけにはいかない。むしろやることがなくて飽きたなんて言葉、現実ではありえないことかも。やることって腐るほどあるんだよな。やることがないって現実で言うのはただ、やることを見つけてないかたんに面倒でやってないかだけな気がする。
それに、成長を実感できたときの喜びはゲームの比じゃないやね。
こんなに育て甲斐のあるキャラを育てないのはちょっともったいないんかもしれんよなぁ。

この自分育成をこの25年でどこまでできたか確かな数字では教えてもらえない。
人間はゲームと違って嫌でも「レベル=歳」は上がっていく。でも、スキルを必ず1レベルごとに覚えるかというと絶対違う。自分で覚えようとしない限り覚えることはない。レベル25なのにレベル10のスキル分しか育っていないかもしれない。こっちのほうが努力しないよりよっぽどかっこ悪い。

レベル25になった今日思う。
「やっぱかっこ悪いのはいやだなぁ・・・」



 » CATEGORY:思うこと・・・ » CO:0 » TB:0 

お姉ちゃん

今日は、母と叔母と3人で姉が働いている店に行ってきた。
我が姉は今年の夏からシェフ見習いみたいなことをしている。
店はワインがメインのフランス料理を出す店で、
働いている人は4人という、あまり大きくない店だが、
落ち着いた雰囲気で、おではかなり好きである。料理もうまい。

そして、母が店に行くのは今日が初めてだった。
実のところ、母は今の姉の仕事を快く思っていなかった。
姉がこの店で働きだしてから、飲食店では当たり前なのかもしれないが
姉の生活は朝8時半に家を出て夜中1時に帰宅。
忙しい日は休憩時間は10分しかとれないときもあるという。
そして休みは週に1日というハードな毎日なのだ。
極め付けに給料はまじかよ!?ってくらい安い。

こんな生活だから、姉のからだを心配して快く思わない母の気持ちもわからんではなかった。
おでも姉は大丈夫か?とか思ってたりもした。

しかし、おでは母より一足先に数週間前、一人で店に行って姉の働く姿を見て、
この姿を母親に見せたい!と思っていた。


おでと姉は二人姉妹で、小さいころは嫌ってほど喧嘩していたが、
最近は喧嘩のけの字もでない。そして何より顔を合わせる時間が
めっきり少なくなった。
おでと姉はぜんぜん似てない。てか正反対。
顔は、まず一緒に歩いてても姉妹と言われたことはないし
おでのほうが年上に見えるし(おでがふけてるのでなく姉が若いのだ!)
性格にいたっては、姉は感情的でおでは論理的ってかんじ。
おでの中では姉は右脳おでは左脳で動いていると思っている。

おでから見た姉は、人に気を使いすぎるくらい使い、
全部自分のことのように物事を深く考えすぎるくらいまじめに考えている。
そんな姉を見ておではたまに「そんな考えんでもえーやん」
と内心で思ってたり、
世間で生きるにはめちゃしんどいだろうと思ってしまう。

こんな姉が、おでがイギリスに留学に行く前日に手紙をくれた。
そこに書かれていた言葉

「がんばってこい。あんたは私の自慢の妹なんやからね。」

ものすごいありがたかった。
この言葉はおでに良い意味でプレッシャーを与えてくれた。
この言葉は今でもおでの中での自慢になってる。


こんな姉の働く姿を見たら、母の考えが絶対変わると思ったからこそ見てほしかった。

今、夜中の1時半。姉がさっき帰ってきた。
おでは2階の自分の部屋でこれを書いてる。
いつもは姉が帰ってくる前に自分の部屋で布団に入っている母が、
今日は下で姉の帰りを待っていた。
そして二人が楽しそうに話している。
おではなんだかうれしい。

今日、おでたちが店を出るとき姉は本当にうれしそうだった。
「来てくれてありがとう!なんか嬉しかった」て言ってた。ほんと嬉しそうに・・
そう、ほんと些細なことにでも感動できてしまうのが我が姉なのだ。

お姉ちゃん、
あんたの働いてる姿よかったよ。
顔とかめっちゃ生き生きしてた。かっこいいよ。
私こそあんたを自慢に思うよ。
応援してっからね!

正面向いて言えないからここに書いちゃうテレ屋な妹ですまん。



 » CATEGORY:思うこと・・・ » CO:0 » TB:0 

コンゴ民主共和国

今日は、黒柳徹子さんがテレビでコンゴ民主共和国の現状について話しているのを見てものすごく悲しかったです。

なんとなく知っていたコンゴという国の現在の状況。

少女に対するレイプが絶えないのだそうです。
病院には、レイプされた多くの少女が手術を受けているそうです。
その手術も大変なもので、
少女が幼すぎ、粘膜などが薄いため、レイプされたときに尿道が破れ、
いわゆる垂れ流し状態になってしまっているそうです。
そのため、5回とか手術を受けないと治らないそうです。
レイプを受けた子には5歳というほんとうに
考えられない年齢の子もいるそうで、
黒柳さんが出会った少女には、5歳という幼さなのに2回もレイプされたという子がいたそうです。その子は話ができなかったそうです。
5歳って・・・なんてことをするのでしょうか。
また、1日に10人もの男からレイプされた少女もいたそうです。

レイプするのは若い男が仕事もなく日ごろのうっぷんを晴らす
という理由があるそうですが、それよりも
エイズになった男たちが、少女と性交渉を持てば
エイズが治るという根拠の無い理由から少女をレイプするそうです。
これもすべて病気への無知、教育の低さ、などからくるのでしょうか。

こういう世界のどこかで起こっている想像もつかない状況を聞くと、
なんともいえない心底ため息が出る気持ちになります。

徹子さんが言ってました。「みなさん関心を持って見守ってください」と。



 » CATEGORY:思うこと・・・ » CO:0 » TB:0 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。